兵庫県|豊岡市|天然温泉|美人の湯|美肌の湯|出石温泉館「乙女の湯」公式ホームページ|

qrcode.png
http://otome-izushi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
出石温泉館 乙女の湯
〒668-0263
兵庫県豊岡市出石町福住882
TEL.0796-52-2778
FAX.0796-52-2778
天然温泉、お肌つるつる美人の湯
 

城下町「いずし」の祭り

  • ホーム  > 
  • 城下町「いずし」の祭り
 

出石「初午大祭」

出石「初午大祭」
 
期日/毎年3月第3土曜日                                   場所/出石町内、稲荷神社周辺
有子山「稲荷神社」の例大祭として江戸時代より始まり400年余りの伝統がある大祭である。出石城藩主が年に一度、初午の日に限り城の大手門を開放して、城内の稲荷神社に町民の参詣を認めたことが始まりとされている。当時は身分制度が確立されていたため、一般の町民が城内に入ることは許されていなかった。そのため、祭りの日には、但馬のみならず、丹後や丹波からも参詣する人がいた。出石城下町を中心に、例年3月第3金・土・日曜日の3日間にわたって行われ、商売繁盛・五穀豊穣を願う祭りで、当日は300を超える露店などが立ち並び、数万人のお客さんが訪れにぎわいます。但馬・丹後・丹波の三たん一の大祭で、但馬三大祭りのひとつとも言われ、冬の但馬に春を告げる祭りでもある。「出石の初午が過ぎるともう雪は降らない」といわれています。
 

出石「桜まつり」

出石「桜まつり」
 
期日/毎年4月から1か月間                              場所/出石町内町、出石城跡
但馬の小京都と形容される出石の町を一望できる出石城跡には、ソメイヨシノが咲き、そのあとで咲き誇る八重桜が、より一層の城下町風情を漂わせている。名物そば喰い大会などのイベントが盛大に開催されます
 

出石そば食い大会

出石そば食い大会
 
期日/毎年4月中旬                             場所/出石町内町、出石城跡
桜まつりの時期に開催される、出石名物そば喰い大会。出石の特産「皿そば」を何枚食べられるかで競い合います。子供からお年寄りまで、男の人も女の人も、皆夢中になってそばをたいらげていきます。たくさん食べる人は80皿以上も食べます。皆さんもぜひ参加してみて下さい。
参加方法、詳細などは、但馬國出石観光協会のHPからどうぞ
 

出石神社「幟まわし」

出石神社「幟まわし」
 
期日/毎年5月5日                           場所/出石町宮内、出石神社
古事記に登場する、天日槍命(あまのひぼこのみこと)の但馬開発にまつわる祭りのひとつです。天日槍が泥水の底にあったこの地方を日和山(兵庫県豊岡市)の瀬戸の岩山を切り開いて干拓に成功し、大きなのぼりを立てて宮内に帰還したときの道中姿を模したものだと伝えられています。毎年5月5日、そろいの衣装で宮内少年会の子供らが、竹ぼらの音に合わせて様々な絵柄ののぼりを立てまわします。この一隊は、出石神社の社前でのぼりをまわした後、その年に男子が生まれた宮内の家々を戸毎にまわります。
 

出石奥山ほたる祭り

出石奥山ほたる祭り
 
期日/6月中旬、約2週間                      場所/奥山観光交流施設「一輪亭」                    イベント開催日は、ホンモロコつかみに、童話「おさよつばき」の紙芝居、金山坑道内の探検等々、盛りだくさんの企画があります。夜はホタル鑑賞会です。奥山渓谷に生息するほたるは、身近に感じる自然の風物詩です。ほたるが光を放ち飛翔する光景は、神秘的です。詳しくは奥山観光ほたるの郷のHPをご覧下さい。
 
 

出石盆踊り大会

出石盆踊り大会
 
期日/毎年8月14・15日                     場所/大手前広場周辺
大手前広場周辺8月の14・15日に町中に櫓を組んで、みんなで「松坂音頭」に合わせて踊ります。15日は、変装踊りを行い各団体等が思考を凝らして参加し、大変賑わいます。また、万灯供養を行う甚五郎万灯は、8月14・15日の夜に行われます。 
 

出石愛宕の火祭り ※詳細は支配人推奨にあります。

出石愛宕の火祭り ※詳細は支配人推奨にあります。
 
期日/毎年8月24日直近の日曜日
場所/出石町中村、伊福部神社境内、静思堂周辺

午後から景品付き餅まき、バンド演奏や太鼓演奏、可愛い巫女さんによる浦安の舞などの奉納行事が開催されます。夜、陽が沈む頃、いよいよクライマックスの火振りの始まりです。七年山の中腹に鎮座する愛宕神社では、昔ながらの木と木を擦り合わせて行う「火起こしの儀式」がおこなわれ、着火後、松明として、地域の若者達によって参道をおりてきます。この火を使い、無病息災を祈念し、出石太鼓「炎」の火祭太鼓が打ち鳴らされ、火振りが始まります。荒縄で束ねた麦わらに火をつけて振り回す、パチパチと音をたてて燃え上がるさま、闇の中を輪舞する炎は幻想的です。
 

出石藩きもの祭り

出石藩きもの祭り
 
期日/10月中旬の土日                       場所/出石町内町、出石城跡周辺
着物を出石の恒久的な観光素材として定着させることを目指し、出石皿そばのおかもち競争、屋台村、レンタル着物、着物姿大抽選会、時代衣装のパフォーマンス、出石城下謎解き巡り、各種ステージイベント等、着物に特化したイベントを実施する。
 

出石秋祭り(喧嘩だんじり) ※詳細は支配人推奨にあります。

出石秋祭り(喧嘩だんじり) ※詳細は支配人推奨にあります。
 
期日/10月16日より手前の日曜日                 場所/出石町内町、大手前広場
出石のだんじりは江戸時代に始まったとされ、五穀豊穣を祝って行われる秋祭りです。諸杉神社、石部神社、伊福部神社の氏子が11地区に分かれ、各地区より担いで町内を巡行し出石城跡大手前広場に集結します。大小11基のだんじり紹介の後、いよいよ練り合いの始まりです。大きなものは檜の一本もの大棒の長さ18m、屋台の重さが3トン以上もあります。大棒を激しくぶっつけ、御幣をつけた(四本柱〆縄部分)やぐらをつぶし合う勇壮な合戦の様は迫力満点です。別名「出石喧嘩だんじり」とも呼ばれています。※写真は温泉の地元「福住区」のだんじりです。
 

出石お城まつり(大名行列)

出石お城まつり(大名行列)
 
期日/毎年11月3日(祝)                      場所/出石町内
城下町出石を象徴する、この祭りの一番の見どころは大名行列です。総勢120人からなる子供大名行列と、奴に扮した30数名の大人による槍振りが出石の町並みを練り歩きます。この大名行列槍振りは、出石藩主・仙石久利公の奥方のお国入りに随伴した赤坂奴が、当時の町衆に技術を伝授したものといわれており、江戸時代の参勤交代の模様を今に伝える伝統行事です。姉妹提携市、信州上田市の特産品販売や各団体の屋台村、周辺には多数の露天商が立ちならび多くの人で賑わいます。 
 

出石永楽館歌舞伎

出石永楽館歌舞伎
 
期日/11月上旬                          場所/出石永楽館
出石永楽館は、1901年(明治34)建設に建設された、都市劇場建築の芝居小屋です。独特の赤茶色の土壁と大きな切妻壁、14間半の長い壁面、そして太鼓楼が印象的な姿を表します。内部・外部ともに建設当時の様子が比較的よく残り、廻り舞台、奈落、花道、すっぽんといった貴重な劇場機構など、明治期に残る芝居小屋としては近畿地方に現存する唯一のものです。平成20年には、上方歌舞伎の花形役者、片岡愛之助丈を座頭に、こけら落とし公演から毎年大歌舞伎公演を開催しています。
 

出石 新そば祭り

出石 新そば祭り
 

期日/11月中旬
場所/出石町内、豊岡市役所出石支所前

地元産そば粉使用の新そばを食べて頂く恒例のまつりです。目の前で熟練した職人が作る、打ちたての香り立つ、湯がきたての美味しい出石皿そばを召し上がっていただけます。また、そばぜんざいやお土産そばも販売しています。新そばまつりの終了後も出石皿そば協同組合加盟店で、新そばをお召し上がり頂くことができます。詳しくは各店へお問い合わせください。

<<出石温泉館 乙女の湯>> 〒668-0263 兵庫県豊岡市出石町福住882 TEL:0796-52-2778 FAX:0796-52-2778